色々なトラックドライバーの仕事!具体的な仕事内容と使用するトラックの種類を解説!


大型免許が必要になることが多い長距離ドライバー

トラックドライバーの仕事には、配送の拠点となる物流センターから別のセンターに荷物を運んだり、外国に輸出する荷物を港に届けたりするものがあります。その場合は長距離移動が基本となり、県境を跨ぐことも珍しくありません。高速道路を使って、離れたところに荷物を届けます。勤務時間は依頼内容によって様々で、夜中の内に指定された場所に到着しなければならないことも多いです。そして、より大量の荷物を運搬できるように、大型トラックを使用することがほとんどです。したがって、大型免許がほぼ必須となります。

その日のノルマがある宅配ドライバー

一般の住宅に荷物を届ける、宅配ドライバーという仕事もあります。個人から個人への贈り物を運搬する場合もありますが、現代では通販サイトの商品を届けることが非常に多いです。家電のような重い荷物を届ける場合、4トントラックを使用することが多いため、中型免許が必要になります。しかし、中には比較的小さな荷物を、軽自動車を改造したトラックで届けるパターンもあります。その場合は、普通免許でもドライバーとして働けます。

比較的仕事量が安定しているルートドライバー

個人や企業を問わず、定期的な荷物の運搬を必要としているクライアントがいます。毎日食品を仕入れている店舗や、定期的に品物を納めている個人事業主などです。そのようなクライアントを相手にした、ルートドライバーという仕事もあります。ルートドライバーはあらかじめ、何曜日に運搬をするということを、クライアントと話し合って決めていることが多いです。そのため、事前に仕事量が把握できるのが特徴です。そして、使用するトラックは、どれくらいの量を運ぶのかによって変わり、普通自動車から大型トラックまで幅広いです。

トラックドライバーは会社の看板を背負っていることもあり、常に安全運転を心がけなければなりません。トラックドライバーの求人に応募する際は、運転の自信だけではなく、会社への奉仕の精神も必要です。