期間工になるとどのようなメリットがあるのだろう?

大手メーカーは社員寮を低額で利用できるところが多い

期間工の募集は時期によって工場の生産量が増える大手メーカーを中心に活発に行われており、体力がある若者から、即戦力となる中高年者まで様々な人材が必要とされています。期間工になるメリットは色々ありますが、社員寮で生活をする場合には、毎月の家賃や水道光熱費、インターネット利用料などの一部を会社に負担してもらえるケースが多く見られます。特に、経営状態が良く各地の工場に多数の従業員がいる大手メーカーをはじめ、好立地に低額で利用できる社員寮を整備して期間工を受け入れているところが目立ちます。また、福利厚生を充実させるため、独身の期間工を対象とした単身寮だけでなく、配偶者や子ども、両親が入居できる家族寮を提供している会社も珍しくありません。

勤務態度や成績が優秀な人は正社員になれることも

期間工として長く働き優秀な成績を上げた人は、勤め先の人員計画や人事のシステムにもよりますが、選考に通過した後に正社員として働けることもあります。特に、20代から30代で上司や周りの従業員からの評価が高い人や、ひと通りの業務をスムーズにこなせる人は、正社員登用の候補に選ばれやすい傾向が見られます。そうした中、将来的に正社員登用を希望する場合には、期間工の求人選びをする際に各地の工場の正社員登用の実績について確認をしたり、どのような経験やスキルが必要なのか調べたりすることが重要です。その他、機会があれば、期間工を経て正社員に登用された人から日々の仕事の取り組み方について教えてもらうのも良いでしょう。

期間従業員とも呼ばれる期間工は、給与以外の手当てなども充実しており短期間で高収入が得られるというメリットがあります。